更年期のプラセンタ効果は? | プラセンタ選び3つの鉄則

プラセンタ選び3つの鉄則 更年期対策に効果あり!

更年期を迎える大人の女性のカラダは、そのまま何のケアもしないと、ただのオバサンになってしまい、魅力が激減してしまいます。女を捨てた・・・と思われてしまう女性も、この更年期を迎える時期から急増してしまいます。

 

しかし、女優や芸能人など、人に見られることを商売としている女性達は、みなさん綺麗ですよね。50代や60代を迎えても、女性らしい美しさを見事にキープしていますし、年齢を重ねる毎に、落ち着いた艶やかな色気すら感じることができます。

 

プラセンタは、加齢とともに目立ちはじめてくる顔のシワ・ほうれい線をケアする働きがあり、数多くの有名女優さんが愛飲しています。プラセンタの歴史は古く、なんと100年以上前から王妃などが愛飲していたという記録も残されているほどです。

 

昔は、一般の女性たちには手が出ないほどプラセンタは高価なものでした。しかし、サプリの製造技術が進化した現代では、王妃だけが飲むことができていた時代では考えられないほど、安価で質の高いプラセンタを手に入れることができます。

 

プラセンタの種類は、大きく3つに分けることができます。

  1. 豚プラセンタ
  2. 馬プラセンタ
  3. 羊プラセンタ

はたして、どのタイプが、更年期の女性に効果的なのでしょうか?

 

楽天やamazonはもちろん2chなどをくまなくチェックして、本当の口コミをチェックした結果、更年期の女性向けのプラセンタ選び3つの鉄則を見出すことができました。

 

更年期対策1価格は高いが、高純度の馬プラセンタを摂取すべき!
     やっぱり豚や羊よりも馬プラセンタの方が口コミ評価が高い。即効性がある。

 

更年期対策2自分の体質に合っているかどうかのチェック
     サプリなので、自分の体質にあっているかどうかのチェック必須。人によって効いたり効かなかったり・・・します。

 

更年期対策3馬プラセンタを摂取しながら、自分にあった運動を取り入れるべし!
     運動を取り入れることで、より代謝が活性化し、美しくなる

 

 

この3つの鉄則を守りプラセンタを摂取すれば、更年期を迎えても、女優のような艶やかな美しさを内側から醸し出すことができます。この3つの鉄則は、みんなが知っているようで、知らないルールです。是非、友達よりも一足先に始めて、差をつけてくださいね。

更年期の症状とプラセンタの効果について

更年期になると、卵巣の機能が低下してくるため、女性ホルモンの分泌量が低下してしまいます。
本来ならきちんと分泌されなくてはいけないものが減ってしまうと、視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンや卵胞刺激ホルモンが大量に分泌されて、卵巣に女性ホルモンの分泌を促します。

 

ですが、加齢によって機能が低下した卵巣に無理にホルモンを分泌させると、自律神経に大きな影響を及ぼしてしまいます。
視床下部には自律神経の中枢も存在しているので、性腺刺激ホルモン放出ホルモンや、卵胞刺激ホルモンの分泌の刺激によって、自律神経が崩れてしまうのです。

 

自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っていて、これらの神経が交互に働くことで、血管や気管の収縮や拡張、胃腸や消化器官の活動、血圧などをコントロールしています。

つまり、自律神経が崩れるとコントロールが乱れてしまって、血管や胃腸、血圧に異常が起こるのです。

 

そのため、のぼせや火照り、多汗、動悸や息切れ、便秘や下痢などの不定愁訴の症状が現れるようになります。
また、気分を明るくする作用を持つエストロゲンが減少することで、精神面にも悪影響を及ぼしてうつ病のような症状も引き起こします。

 

このような更年期の症状改善に効果があるのがプラセンタです。
プラセンタは、内分泌調整作用によりホルモンバランスを整え、自律神経調整作用によって自律神経の乱れを改善する作用があります。
さらに血行促進や疲労回復、体質改善、基礎代謝の向上などあらゆる健康作用を持っているので、不定愁訴を緩和してくれるので、更年期の治療にも使用されています。